魚の話

旬の魚

秋刀魚(さんま)【Pacific saury】

秋刀魚(さんま)

扱い方・食べ方
鮮度がよければ、生姜醤油で刺身、たたき、酢じめのほか、蒲焼き風、煮付けなどに。また、干物にも。
栄養・効能
サンマは血栓や動脈硬化の予防になるDHA、EPA、タウリンを豊富に含んでいます。また、皮膚や内臓にも身と同じくらい含まれているので1匹まるごと食べないともったいないことになります。その他に、ビタミンAやE亜鉛などをバランスよく含んでいます。
プロフィール
サンマは、北太平洋の北緯20~55度の海域に住み、季節的に移動する回遊魚。日本近海では北は千島列島、サハリン近海から南は九州、沖縄付近まで広がっている。主群は春から夏にかけて太平洋岸を北上、オホーツク海付近を折り返し点にするが、三陸沖、茨城沖、千葉沖とくだってくる秋口からが最盛期。頭から背の部分が青黒く光り、側面から腹にかけては銀白色、まさに、青背の魚の代表といえる。孵化から1年くらいで体長 20cmに成長、5~6年で30cm以上になる。小型のものは大半、ハマチの養殖用などの飼料や肥料用として使われる。
選び方
サンマは冷凍技術の進歩で一年中出荷されていますが、生鮮ものと冷凍ものの区別がつきにくい魚です。一応の見極めとして、背が青く腹の銀白色が鮮やかなもの、目が澄んでいて赤くなっていないもの、そしてよく太っているものを選びましょう。また、鮮度のよいものは下の口先と尾びれのつけねが黄色くなっているので、よくみて下さい。
栄養成分表
生/3枚おろし(100g中)
水分 61.8g ビタミンE 1.9mg
たんぱく質 20.6g ビタミンD 440IU
カルシウム 75mg ビタミンB1 0.33mg
ナトリウム 60mg ビタミンB2 5.2mg
カリウム 140mg ナイアシン 5.2mg
亜鉛 740μg DHA 1400mg
170μg EPA 844mgl
ビタミンA 120IU エネルギー 240kcal